mptファイルについて

mptという拡張子で出力されるデータはChaDiPlo対応済みです。

mptは充放電データ以外にもインピーダンスなどのデータも収納するファイルですが、そのような複数のデータ種が混在したファイルについてはChaDiPlo_converterは対応していません。

[連番ファイルについて]

mptは連番ファイルとなることがあるため、1番目のファイルをChaDiPlo_converterで指定すると、2番目以下を自動で探して読み続けます。

連番ファイルの検索ルール

1番目のファイル名が”Sample_data_init_cyc_01_GCPL4_C11.mpt ”の場合

ChaDiPlo_converterはファイル名にある”_01_”を探し、”_02_”に変換したファイル

Sample_data_init_cyc_02_GCPL4_C11.mpt

が同じディレクトリ内に存在するかどうかを探し、もし存在すれば自動で読み込み、次の_03_を探します。

従ってファイル名に充放電装置が付ける連番の他に、データ名としても_01_を使うと、正しく読み込めない原因となるのでご注意ください。

[mAh・Whの積分計算]

mptに積分データが入っているのですが、他のデータ形式と若干異なる形式なので、現状はChaDiPlo_converterで計算しています。

[充電放電の区別]

mptのmode及びox/redを使っても判断できるのですが、現状は電流の正負で判断しています。